スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い香り・・・♡「ジャスミンライス」

こんばんは


タイの主食は・・・お米

いわゆるタイ米といってイメージ出来る、長粒種のインディカ米や
地方や一緒に食べる料理によって、長粒種のもち米などが食べられています

タイの食卓では、ご飯とご飯にあうおかずやカレー、スープなどが数種並ぶのが一般的。

日本とも似ていますね。
ご飯、おかず、お漬物、お味噌汁、のような



当店ではお米はタイ産の「ジャスミンライス(香り米)」と「もち米」をご用意していて
お料理やお好みでお選びいただいています。

でも、よくお客様に、
「ジャスミンライスって?」
「ジャスミンの香りがするの?香りをつけているの?」等と聞かれることがあるので
今日はちょっとご紹介してみます




ジャスミンライスとは・・・
RIMG0646_convert_20120419204253.jpg
 長粒種の米の中で、最高級品とされている種類。
 籾(もみ)の色が、ジャスミンの花のように白いのでこの名がつけられたそう。

 炊き上がりにポップコーンのような香ばしい香りを発することから、
 別名タイ語で「カオ・ホン・マリ(良い香りのお米)」とも呼ばれています。


 味・・・  粘り気が少なくさっぱりしているのが特徴。
       他のタイ米と違い、甘味が強くしっとりとした味わい。

 特徴・・・ ぱらっと粒離れが良く、かといって冷めてもポロポロにならない。
       ソースやスープと合わせても粒がしっかりと残り、時間がたっても溶けてしまったり、
       ベチャベチャにならないので、味付けご飯や汁掛けご飯、炒飯にとても向いています。
       
       また米自体の風味が強く、強い個性を持っているので、
       香辛料の利いた本格的なカレーや、油分の多い料理ともよく合う。

 安全性・・・ジャスミンライスは、日本に輸入されている穀物の中で最も厳しいと言われている
       ポジティブリスト残留農薬の検査項目にすべて合格して輸入許可された製品です。
       したがって、香り・食感とともに、安全性の高さが自慢。



と、いうようにタイ米の中でも最高級品、
日本でいえば「魚沼産コシヒカリ」みたいな感じですね

ジャスミンライスは高価なので
タイでは高級レストランやお金持ちの家庭で食べられるものだそう。



炊き上がりやお皿によそった時、
湯気と一緒にほわっと立ち上るジャスミンライスのあの香り・・・

とってもいい香りなんです
タイ料理には日本のお米ではなくて、絶対ジャスミンライスだなと思います

このジャスミンライスの香りとタイ料理の組み合わせ、
ぜひぜひ、改めて実感しに来て下さいね

Siam Garden
三林
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

siamgarden PR担当

Author:siamgarden PR担当
タイ料理レストラン「サイアムガーデン」のブログです。
名古屋・納屋橋

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。