スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ料理に欠かせない・・・

こんばんは


タイ料理に欠かせないモノといったら!?

沢山の調味料やハーブを使うタイ料理なので、どれかひとつなんて言えないですが
調味料で、と言ったら1番に挙がるのは・・・


やっぱり「ナンプラー」でしょうね

kaldi_4980209111027.jpg

直訳すると、
「ナーム=水」、「プラー=魚」

タイを代表する調味料で、
イワシを塩に漬け込んで発酵させて作る「魚醤

独特の香りがしますが濃厚な旨みがたっぷり
タイ料理には絶対欠かせません



あの匂いが苦手ーとおっしゃる方もいらっしゃいますよね
確かにナンプラー単体で匂いを嗅ぐと独特の発酵臭に、ん?と思うかもしれませんが
お料理で使うには全然気になりませんよー

ナンプラーがお料理にコクのある塩味を加えて、ぐっと美味しさが増します


トム・ヤム・クンにもタイカレーにもソムタムにももちろん使われていますし、
タイ料理屋さんに行くとたいてい置いてある
4種の調味料『クルワンポン』のうちの1つはナンプラー

4種の調味料についてはのブログを見てみてくださいね
『4種の調味料を使いこなそう!』


あと、スタッフ達が良く使っている『プリック・ナンプラー』
繝励Μ繝・け_convert_20120215215341
ナンプラーの中に唐辛子(プリッキーヌ)の輪切りとにんにく。
たまにカットしたレモンも入れて酸味を加えたりも。

焼きそば系のヌードルとか、ご飯・炒飯、焼き魚にかけて使っているのを良く見ますが
シェフに聞いてみたら、炒め物やカレーでも人によって好みで使ったりするんだそう。

このプリック・ナンプラーやクルワンポンって
日本で言うと、ご飯のお供に漬物、魚介類にワサビ醤油、蕎麦に薬味、みたいな感じかなぁ?
イタリアンだったらタバスコとか粉チーズ、オリーブオイルのような?

更に味を引き締めてパンチを出したり、
臭みのあるものを食べやすくする効果もあるんでしょうね



実は私もプリック・ナンプラーの
生唐辛子の辛さとぎゅっとした旨みが大好きなんですが
タイ人のお客様や、お好きなお客様からもご要望があった時にはお出ししています

もちろん、そのままで十分美味しいお料理ばかりですが
更に好みで味を加えて変化を付けて食べたい!というお客様、
ぜひプリック・ナンプラーやクルワンポン、挑戦して楽しんでみてくださいね



Siam Garden
三林
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

siamgarden PR担当

Author:siamgarden PR担当
タイ料理レストラン「サイアムガーデン」のブログです。
名古屋・納屋橋

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。