スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もちもち、ほんのり甘い・・・タイの「もち米」

こんばんは


先日、ジャスミンライスについてご紹介したので
お店のメニューでもうひとつご用意しているご飯、
タイの「もち米」についてご紹介します


タイ語で、ジャスミンライスなどのパラパラのタイ米は「カオ・スアイ(キレイなご飯)」、
もち米は「カオ・ニャオ(ネバネバしたご飯)」

タイのもち米は、日本のもち米と比べると粘りが少ないので
日本のようについてお餅にして食べる事はあまりなく、
蒸して、主食としておかずと一緒に食べたり、デザートにしたりして食べられるのが一般的

私、この「カオ・ニャオ」大大大好きです
そしてタイのみんなも大好きな様子

繧ォ繧ェ・・繝九Ε繧ェ_convert_20120426212720

もともとはタイの北部や東北部イーサン地方では、主食とし食べられていた「カオ・ニャオ」

イサーン地方には伝統的な料理が沢山あるのですが、
やはり、カオ・ニャオと良く合うものが多いように思います

「ソムタム(グリーンパパイヤのサラダ)」「ラープ(肉と香草の和え物)」
「ガイ・ヤーン(鶏肉の炙り焼き)」などなど。

イサーン料理の色々特徴はありますが、簡単に一言だけ言うとすると、
非常に辛い」ものが多い


イサーンからの出稼ぎ労働者から、イサーン料理はタイの色々な地方にも定着して、
今では「代表的なタイ料理」と言われる料理のいくつかは、イサーン料理。
バンコクでも人気です
という事で、タイ人は料理や好みに合わせてもち米も良く食べるんですね


辛ーくて酸っぱーいサラダと、もちもちでほんのり甘いカオ・ニャオ
ジューシーな焼き鳥と、もちもちでほんのり甘いカオ・ニャオ
独特の香りと刺激的な辛さのハーブの和え物と、もちもちでほんのり甘いカオ・ニャオ

美味しいー




ところでタイ人のカオ・ニャオの食べ方・・・
初めて見た時はびっくり

蒸したカオ・ニャオが、小さな竹カゴに入って1人分ずつ出てくるのですが、
これを手で適量ちぎり取り、指先でもみもみ一口大の大きさに丸めて、
ソースに付けたり、つまんだおかずと一緒に口の中に放り込む

最初はびっくりしましたが、手で丸めてから食べる方が、
もちもちも甘味も増してより美味しくなるので、
今では、私も他の日本人スタッフも真似して手で食べちゃってます

お酒を飲みながらだと、ちょこちょこと手で食べて、おつまみみたいな感じ

でもこれは、いわゆる「田舎の人」とか「昔の人々」の食べ方だそうで、
バンコクなどの「都会っ子」はあまーりしない、
でも屋台や場合によってはバンコクの若者も手で食べるよ、と言っていました


皆さんも是非一度、タイ人になった気分で試してみてください


Siam Garden
三林
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

siamgarden PR担当

Author:siamgarden PR担当
タイ料理レストラン「サイアムガーデン」のブログです。
名古屋・納屋橋

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。